当社からのメッセージ

当社は1989年の創業から30年の節目を迎えました。競争過剰の資本主義経済システムのゲームからは一線を置いた場所で、派手さはなくても力強さを失わない存在であろうと、鈍く光りながら30年存続してきました。

当社が30年、存在価値の継続を成し得てきたのは、ひとえにお客様と仕事に恵まれ、その仕事に真摯に向き合い、お客様と理念とビジョンを共有し、単純な損得を超えたところで仕事を進めてくることが出来たことによります。その結果、価格競争に巻き込まれにくく、地に足の着いた経営を続けることができました。

当社の合言葉は「不易流行」です。物事の本質と、仕事をする上で自分たちが何を一番大事にするのかを見極め、しかし時流に適応しながら変えるものは変えていく、柔軟でしなやかな存在でありたいと考えています。

次の30年、その次の30年…と100年先を見据えて、なおそこでも存続できる企業であるために、いまどうすればいいのかを考えながら歩を進めていきます。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

会社概要

社 名 株式会社エニウェイ
所 在 地 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-19-3 万葉ビル201
代表取締役 秋葉 健史
資 本 金 15,500,000円
創立年月日 1989年(平成元年)10月11日
業 務 内 容
  • データベース(WebDB含む)構築と運用
  • アプリケーション設計・開発・サポート
  • Web/Mobileサイト構築と運用
  • 各種調査-集計
  • 広告宣伝と販売促進
  • 出版物の企画と制作
  • 大量(複雑)データの自動組版
  • 組版-印刷
専 門 分 野
  • 知的所有権、著作権分野
  • 学術・教育分野
  • 医療・医薬・福祉分野
  • 生活科学・環境分野
  • 経済・文化の国際交流分野

会社沿革

1989年(平成元年) 10月
東京都渋谷区にて「コンピュータソフトウェアの設計・開発・販売・輸出入・コンサルティング」を主な目的として株式会社スーパーキャットを資本金3,000,000円で設立。
1993年(平成5年) 12月
東京都渋谷区から東京都板橋区へ移転。
1995年(平成7年) 11月
資本金を12,000,000円に増資し社名を株式会社エニウェイと変更。
1996年(平成8年) 8月
資本金を15,500,000円に増資。
1996年(平成8年) 11月
代表取締役に武市徹が就任。
1998年(平成10年) 1月
業務の拡大に伴い、板橋区中丸町から豊島区池袋へ移転。
2011年(平成23年) 3月
100%持株の株式会社エクスポップを新設分社し設立。
2013年(平成25年) 2月
愛知県名古屋市に「東海営業所」を移転。
2014年(平成26年) 10月
創業25年目終了を区切りとして代表取締役を武市徹から秋葉健史に交代。
2021年(令和3年) 8月
豊島区東池袋に移転。