(平成28年版必携システム)

 「計算する機能」「損害賠償」給付基礎日額の上下限(2017/8/1〜2018/7/31)の発表 (2017/8/1)

 「作る機能」「らくらく作成−全建統一様式Excel集」全建統一様式の補訂版への対応 (2016/10/26)

 「計算する機能」「損害賠償」給付基礎日額の上下限(2016/8/1〜2017/7/31)の発表 (2016/7/26)


 「計算する機能」「損害賠償」給付基礎日額の上下限(2017/8/1〜2018/7/31)の発表 (2017/8/1)

 平成29年7月25日に官報にて厚生労働省告示第254号として平成29年(2017年)8月1日から平成30年(2018年)7月31日までの給付基礎日額が発表されました。

給付基礎日額の下限 3,920円
特別給付基礎日額の 下限  上限 
20歳未満4,741円13,264円
20歳以上25歳未満5,369円13,264円
25歳以上30歳未満5,958円14,234円
30歳以上35歳未満6,295円17,327円
35歳以上40歳未満6,663円19,257円
40歳以上45歳未満6,916円21,361円
45歳以上50歳未満7,009円23,869円
50歳以上55歳未満6,802円25,219円
55歳以上60歳未満6,304円24,822円
60歳以上65歳未満5,134円19,696円
65歳以上70歳未満3,920円15,268円
70歳以上3,920円13,264円

 「計算する機能」「損害賠償シミュレーション」のために「労務安全必携システム」の更新作業が必要です。更新するには、「更新方法」をご参照ください。

トップページへ戻る ↑ページの先頭へ戻る


 「作る機能」「らくらく作成−全建統一様式Excel集」全建統一様式の補訂版への対応 (2016/10/26)

 建設業法上の金額要件の見直しを含む「建設業法施行令の一部を改正する政令」が平成28年6月1日から施行されたこと等を踏まえ、解説を改めるとともに、問い合わせの多い記載例について、よりわかりやすく補訂いたしました。

 更新するには、「更新方法」をご参照ください。

トップページへ戻る ↑ページの先頭へ戻る


 「計算する機能」「損害賠償」給付基礎日額の上下限(2016/8/1〜2017/7/31)の発表 (2016/7/26)

 平成28年7月25日に官報にて厚生労働省告示第292号として平成28年(2016年)8月1日から平成29年(2017年)7月31日までの給付基礎日額が発表されました。

給付基礎日額の下限 3,910円
特別給付基礎日額の 下限  上限 
20歳未満4,743円13,264円
20歳以上25歳未満5,324円13,264円
25歳以上30歳未満5,884円13,934円
30歳以上35歳未満6,222円16,428円
35歳以上40歳未満6,643円19,124円
40歳以上45歳未満6,881円21,243円
45歳以上50歳未満7,019円24,228円
50歳以上55歳未満6,780円25,587円
55歳以上60歳未満6,180円24,934円
60歳以上65歳未満5,000円20,263円
65歳以上70歳未満3,910円15,532円
70歳以上3,910円13,264円

 「計算する機能」「損害賠償シミュレーション」のために「労務安全必携システム」の更新作業が必要です。更新するには、「更新方法」をご参照ください。

トップページへ戻る ↑ページの先頭へ戻る


「労務安全必携」および「労務安全必携システム」の著作権は、建設労務安全研究会が所有しています。

このホームページに関するお問い合わせは、株式会社エニウェイ「必携サポート」係まで
FAX : 03-5957-7688  e-mail :hikkei@anyway.co.jp